November 26, 2016

 現代史は見えにくい。近代史もなかなか見えにくい。特にボクらが住んでいる日本という国がかつて戦争へどのように進んでいったのか?という道筋を読み解こうとすると、あっちこっちからの言説が多くあって、実際はどうであったのか?なかなかイメージしづらい。でも、そこが判らないと今という時代もよく掴めないので、努めてそのような関係の本を読んでいる。

 桜蔭出身の東大教授・加藤陽子の書いた「それでも、日本人は「戦争」を選んだ」(朝日出版社)は、「最新の研究を踏まえた」内容で、これまで読んだ本の中ではダントツに面白かった。そして、良い視点をたくさん見せ...

November 16, 2016

 2011年3月11日の大震災によって、花泉にある吉田春治の「唐獅子土蔵」もかなり傷付いた。その2年後にボクは以前のホームページに以下のような文章を掲載した。

岩手県一関市花泉には、素晴らしい蔵がいくつか存在する。

明治時代に左官職人・吉田春治が作った土蔵だ。



蔵という建築物は、基本的に倉庫であるし、現代には必要だと思われていない。



実際今では、蔵を新築したという話すらほぼ聞こえて来ない。



それは仕方ない事かもしれないが、ここでは、もう少し踏み込んで考えてみる。





吉田春治がこれらの蔵を建て、漆喰の唐獅子を庇の上に設置したのは、明治...

Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

February 15, 2018

November 26, 2017

November 2, 2017

Please reload

アーカイブ